いわき市不動産は不動産情報サイトで選ぶのもお勧めです

良い物件をいわき市不動産で探すときに大切なこと

良い物件を探すときにはいわき市不動産を訪問する前に、条件に合った物件かどうかを調べておくと手間が省けます。最近はネットから物件も簡単に探せるようになっているので、ある程度気になった物件を探してからその後、不動産会社で希望条件に実際に物件があっているか調査してから紹介してくれると効率が良いです。
ネットから物件の前の建物や日当たり、周辺環境なども調べることが可能ですし、室内から周辺の写真まで見ることもできます。
物件室内の写真がある場合も、そこに写ってない理由も事前に考えておくと安心です。例えばリビングの写真の撮影はバルコニーに向けて全体を撮影しますが、それ以外のアングルの写真だとバルコニーの前に建物や日当たりが悪いなど条件が悪いことがあります。これは別の部屋でも同じで写真がないときには注意が必要です。

訪問中や内見時の電話があるときは注意

希望条件にあった物件をいわき市不動産からさがして、物件の訪問中や内見時には色々な注意点もあります。実際の物件の日当たりや周辺環境なども大切ですが、中には接客中に電話をわざとかけて借りさせたい物件へ誘導をすることもあるようです。
また、内見に出かけたときも会社から携帯に電話をもらうようにして、他で既に申し込みがあったので早く決めたほうが良いと決断をせまったりすることもあったりします。ただ、これは一部の不動産会社が行っている手口なので、もし物件の見学中に電話がかかってきて其の後に自分の希望とは違う物件を勧められたときは注意したほうが良いです。
会社によっては数件ぐらいに絞って見せようとする会社もありますが、このときも見たいと思うときはそれを伝えてそれを快く承諾してくれると安心です。

広告で禁じられている言葉がある

不動産会社の店頭によく貼られている広告ですが、実は使ってはいけない文言があります。禁止されている文言を使っている会社はやはり信用が出来ないので避けたほうが無難です。
これは不動産公正取引協議会が定めている特定用語の使用基準のことで、抽象的な用語やほかの物件、またはほかの不動産会社と比較するような特定用語は表示内容を裏付ける合理的な根拠がないと使うのは禁止されています。
禁止されている用語には完全や完璧、絶対、日本一や抜群、当社だけ、特選や厳選、最高や最高級などの最上級を意味する用語、格安や掘出、土地値など、完売など著しく人気があって売れ行きが良いことを意味する用語です。
不動産の店頭広告はつい物件の間取りや家賃などの情報だけ見てしまいますが、それ以外に禁止されている用語が使われているかも重要な確認ポイントになります。